佐賀 肥前名尾和紙の紹介と販売。名尾和紙は三百年以上の歴史があり引きの強さなどから襖や障子をはじめ提灯や壁紙として様々な素材として使うことが出来ます。

肥前名尾和紙ロゴ
お買い物の流れ・問い合わせ・会社情報・訪問販売表記
TOP PAGE お買い物と作品紹介 伝統工芸 使い方使われ方 工房と展示館
CATEGORY






染色和紙 谷口(たにぐち)
谷口(たにぐち) 谷口(たにぐち)

谷口(たにぐち)

 壁用の和紙のなかでは、一番の伝統的な紙となります。自家栽培した梶の木の皮は本来、黒い表皮をはがして使用しています。しかし、大事に育てた梶の木のその黒い表皮を紙としてまるごと使用できないかと先代が考え誕生させたのがこの和紙です。落ち着いた雰囲気がお好みのかたは、ぜひおすすめします。年数がたてば、少しずつうっすらと白く変わっていくのは名尾和紙の特徴ともいえます。


税込み価格  1,080円
およその大きさ 97cm x 67cm


内容確認ページに移動します→